結節性甲状腺腫の検査目的について

甲状腺腫瘍が良性か悪性かきちんと鑑別するには、超音波、シンチグラフィー、CTなどの画像検査や甲状腺腫瘍の組織検査である穿刺吸引細胞診を行う必要があります。

甲状腺エコー
甲状腺腫瘍の大きさ、形、性状、性質などやリンパ節への転移などがわかります。


甲状腺CT、レントゲン
甲状腺腫瘍による食道や気管への影響がわかります。


甲状腺シンチグラフィー
甲状腺の形、甲状腺腫瘍の大きさ、性質がわかります。


穿刺細胞診
甲状腺腫瘍内に細い針をさし細胞をとり、甲状腺腫瘍に悪性細胞があるか検査します。

濾胞癌は、診断がつきにくいです。