甲状腺画像検査:甲状腺超音波

甲状腺の大きさ、炎症や血流の程度や腫瘤があるのか、腫瘤の性質やリンパ節への転移などがわかります。甲状腺の病気をしている人に最低限必要な検査です。

下の左写真では(甲状腺の腫れを認めるが)、血流がほとんどありません。しかし、右写真では血流(赤青が血流)を見てとる事ができます。

※左:正常機能 右:バセドウ病

これが、血流が多いバセドウ病のカラードップラー超音波写真です。